Warning: Parameter 1 to wp_default_styles() expected to be a reference, value given in /home/users/0/amadeusrecord/web/amadeusclassics/review/ancient/wp-includes/plugin.php on line 601

Warning: Parameter 1 to multibyte_patch::wplink_js() expected to be a reference, value given in /home/users/0/amadeusrecord/web/amadeusclassics/review/ancient/wp-includes/plugin.php on line 601

Warning: Parameter 1 to wp_default_scripts() expected to be a reference, value given in /home/users/0/amadeusrecord/web/amadeusclassics/review/ancient/wp-includes/plugin.php on line 601

【脳をマッサージしてくれる】独ARCHIV 2533049☆シルヴァーラベル☆マティス、ヘフリガー、ディースカウ、リヒター指揮ミュンヘン・バッハ管 J.S.バッハ:カンタータBWV21《我が心に憂い多かりき》

[amazonjs asin=”B00EYPQ4SY” locale=”JP” title=”J.S.バッハ:カンタータ集 26枚組”]
バロック】ストアサイトで通販中 http://amadeusclassics.otemo-yan.net/e578417.html

歌手陣も豪華ですよね

歌手が豊富だった時代ですね。合唱団の中にも逸材が多かった。売れる歌手が多かったのは声を大事にしたり、レパートリーを探求できる歌手も多くなるわけでレコードにそれは反映してた。舞台では無理でもレコード録音でなら無理しないという歌手も居た。それが現代のスター歌手の少なさ、無理したスケジュールとなりレパートリーを探求できずにしょっちゅうメディアで目にしていると希少性も薄れてくる。それは70年代以降、徐々にポップス、ロックへパワーのある歌手が流れていったことにあるんでしょうね。

曲目: J.S.バッハ:カンタータBWV21「我が心にうれい多かりき」
J.S.Bach : Kantate BWV21 Ich hatte viel Bekummernis – Edith Mathis, Ernst Haefliger, Dietrich Fischer-Dieskau, Munchner Bach-Chor, Munchener Bach-Orchester, Karl Richter – Archiv 2533 049

レーベル Archiv
レコード番号 2533 049
演奏者 エディット・マティス(ソプラノ)、エルンスト・ヘフリガー(テノール)、ディートリヒ・フィッシャー=ディスカウ(バリトン)
オーケストラ ミュンヘン・バッハ管弦楽団
指揮者 カール・リヒター
作曲家 J.S.バッハ
録音種別 STEREO
ジャケット状態 NM-
レコード状態 NM
製盤国 DE(ドイツ)盤

アナログLPレコードの初版盤を通販しているアマデウスクラシック http://amadeusclassics.otemo-yan.net/

試聴感とレコード盤、ジャケットのコンディション

  • 1969年録音。音質は歪みもなく優秀で音が荒れることもありません。
  • ジャケットは全体にきれいですが、裏表に小さなシミが少しあります。
  • 盤は問題なくNMコンディション。チリ音も極めて少ない方です。

シルヴァー・ラベル、ドイツ・プレス、トライフォールド(三面観音開き)カバー

価格

上リストのコンディションを目安にした中古盤購入の目安にしてください。

価格 通販価格
通常価格 3,800円

アマデウスクラシックス!アナログ初期盤LPレコード通販サイト:シルバーラベル☆リヒターのバッハ《わが心にうれい多かりき》 via amadeusclassics.otemo-yan.net
【脳をマッサージしてくれる】独ARCHIV 2533049☆シルヴァーラベル☆マティス、ヘフリガー、ディースカウ、リヒター指揮ミュンヘン・バッハ管 J.S.バッハ:カンタータBWV21《我が心に憂い多かりき》

コメントを残す